2011
11.09

ありがとう羊蹄丸

羊蹄丸の引き受け先が決まりました。
またどこかで見れれば思ったのですが
残念な結果になりました。
新聞によると


 「船の科学館」(東京都品川区、休止中)での展示を終え、無償譲渡先を公募していた青函連絡船「羊蹄丸」が、「えひめ東予シップリサイクル研究会」(愛媛県新居浜市)に譲渡されることになり、同館が8日、発表した。羊蹄丸は最終的には解体され、資源としてリサイクルされることになりそうだ。

 同館によると計11件の譲渡申請があったといい、「解体されることにはなるが、羊蹄丸を生かせる道のひとつと考えた」と話している。

 研究会は新居浜市と新居浜商工会議所、新居浜工業高専などで組織。船舶をリサイクルするシステム確立などを研究している。

 研究会によると、平成24年度に同市が市制75周年、同高専が創立50周年となることを記念し、羊蹄丸を新居浜東港で一般公開する。数カ月の公開後は解体することで、老朽化した船舶の再資源化や、環境に配慮した解体の方法などの研究・開発につなげたいという。



結果的には解体と言う非常に残念な結果になりましたが
歴史的なものを解体してしまうことに
寂しさを感じてしまいます。
何とかもう一度考え直していただけないかと
心から思ってしまいます。


新しいバネで古い物にもう一度命を。

全国どこからでもOKです。

旧車のバネも1個から製作いたします。

ばね製造販売、プレス加工、

完成品アッセンブリ、梱包、発送のことなら

有限会社小島製作所

http://kojikojinet.com




Comment:0  Trackback:0
back-to-top